人材を人財に変えるコンサルティング&トレーニング www.faithup.jp 有限会社フェイスアップ

一流ホテルでの実務経験から培った質の高いコミュニケーション力とホスピタリティマインドをノウハウ化して提供。経営改善コンサルティング、人材育成に関する業務サポート、セミナー、コーチング等を行います。そして変化に強い、しなやかな企業体質創りをサポートします。

業務内容
セミナー/企業セミナー セミナー・研修部門


セミナー・企業セミナーに対する考え方

Faith Upの研修は常に受講者の方に「如何に(how to)」、「何を(what)」、
そして「何故(why)」の3つのポイントから学習して頂くようにプログラムを考えております。
また、研修を「心の棚卸」と位置づけ、普段つい忘れてしまう、
或いは後回しにされてしまうことを思い出しながら明日からの仕事に対して
新鮮な思いを持って取り組んで頂けるよう心掛けています。





可能なセミナーや研修

接遇(ホスピタリティ)研修、新人研修、ビジネスマナー、コミュニケーションセミナー、就職対策講座、コーチングセミナー、 アサーティブトレーニング、管理職研修、リーダーシップセミナー、問題解決手法セミナー、お受験ママの好印象を与える話し方・所作講座、中堅社員研修、受付社員研修、電話応対研修、ショールームレディ研修、窓口応対研修、プレゼンテーション研修、クレーム対応セミナー

詳細はお打ち合わせの上決定致します。





一人一人のコミュニケーション能力を伸ばすプログラム案 挨拶、笑顔、服装、話し方の学習
与えられたものではなく、その組織・企業のお客様(病院ならば患者さん)にあう
接遇について自ら考えて頂きます。


学んだ知識が実践で活かせるようきめ細かいフォローアップを致します。

一人一人の強みを伸ばし、個人の成長や気付きが組織の成長に
つながることを目指します。





こんな方におすすめです
  • 社員のホスピタリティマインドを育てたいとお考え企業様
  • 参加者の研修に対する意識を高めたいとお考えの企業様
  • 研修のあり方、実施方法についてお悩みの企業様
  • 自分の能力やスキルをより高めたいと思っている方
  • 受験や就職、転職などに際しコミュニケーション能力や立ち居振る舞いなどを見直したい方
  • 漠然とした問題点を感じるけれど解決方法がわからない方




フェイスアップが行うセミナー・企業セミナー【具体的内容の一例】 接遇(ホスピタリティ)セミナー ■接遇 3つの要素

ホスピタリティ・知識・判断力→お客様

■接遇 6つのポイント
1.傾聴
お客様が本当に伝えたいこと、
言いたいことは何か、先入観なしに聴く。「聴く」と「聞く」は違う
2.理解
発言の背景にある気持ちを
理解する。
「理解」と「同意・了承」は別。
3.言葉
I messageとYou message、
復唱のスキルなど、テクニックを駆使して、相互理解と信頼を得る。
4.表情
知識を蓄え、備えれば表情に余裕がでる。言葉と表情は一致させてこそ、信頼感が強まる。
5.視線
お客様に「自分の存在は無視されていない」或いは 「自分の存在は、ちゃんと認められている」と安心して頂く為には的確なアイ・コンタクトが重要である。
6.笑顔
接遇のプロとしての腕のみせどころである。ポイントは目元。
笑顔は一人一人違うもの。
自分らしい表情を常に意識する。

1.基本編

接客マナートレーニング

(a) 言葉遣い・表情・態度
(b) 電話応対

上記a、bに関して接客従事者、非従事者それぞれに対応したプログラムで執り行います。 2.応用編

コミュニケーションスキル習得

会話を通じて顧客の気持ち、考えをより理解する為に、以下の項目を重点的に学習します。
(a) 傾聴
(b) 好奇心
(c) 質問方法を含む話し方全般

意識向上

会社としてのあるべき接遇マナーはどのようなものかを共有しながらも、
接遇について自ら考え、感性を発揮することにより顧客とのコミュニケーション能力向上を
目指します。

クレーム対応

会社としてのあるべき接遇マナーはどのようなものかを共有しながらも、
接遇について自ら考え、感性を発揮することにより顧客とのコミュニケーション能力向上を
目指します。



マネージャー・接遇指導員研修(リーダー研修) 経営方針の具体化のためにもリーダーの育成は企業にとって重要です。
主に以下の点を中心に研修を行います。

マネジメントについて

自分を知る

部下を動かす(動機付け、勇気付け)

リーダーシップについて

コミュニケーションの必要性



コーチング 自ら考え、行動しようとする方のお手伝いを致します。詳細はお問い合わせ下さい。
1.ビジネスコーチング

職務における個別の目標を設定、その達成のためのコーチングです。

2.グループコーチング

同じ目標を持つチームのモチベーションを高めつつ、その目標達成のためのコーチングです。

※ 会社契約の場合の個別コーチングにおいて、会社の不利益になるようなテーマは扱いません。
   又、コーチングではコーチは、クライアントとの間で守秘義務を厳守します。