人材を人財に変えるコンサルティング&トレーニング www.faithup.jp 有限会社フェイスアップ

一流ホテルでの実務経験から培った質の高いコミュニケーション力とホスピタリティマインドをノウハウ化して提供。経営改善コンサルティング、人材育成に関する業務サポート、セミナー、コーチング等を行います。そして変化に強い、しなやかな企業体質創りをサポートします。

3.現場主義の問題解決
経営改革は外科的手法だけでは、根本的な解決はできません。漢方薬型のマネジメントスタイルで、経営体質を改善します。
問題解決の手法は様々です。
もっとも単純な方法は問題のある箇所を取り除くことでしょう。
そうはいっても「えいや!」で問題箇所を取り除くことは容易ではありませんし、
それによる弊害がでることもあります。
医療の現場を例にとっても、問題のある箇所を外科的に摘出することには、
とても慎重に扱われるようになっています。
その代り、最終的な手段としての外科的処置を除いて、
投薬や代替療法などによる複合的な治療が研究、応用され、
効果的な治療法として確立されつつあります。

企業における問題解決も同様です。
特に、人材の問題は人材の配置転換や人員削減など、
人材の能力ベースで対応することが多く見られます。
うまく、適任者が現れればいいのですが、適任だと思われた人材も、
その配置になるや本来の能力を発揮できなくなるケースも多いものです。
それならば、個人レベルの問題を越えて、組織のあり方や人材の教育レベルで
改善、解決していくことが好ましい選択といえるでしょう。

フェイスアップが提供するのは、まさにここです。
人材の活用を多角的に捉え、緊急を要する課題に対しては、外科的応急措置を行うべきでしょう。
しかし、基本的には、組織の根本原因からじっくりと直し、人材が生きる環境と人材の個性、
特性を生かしながら育てる、まさに漢方薬のように、いきなり効果は出ないかも知れないけれど、
仕組みや体質を変えていき、根本的に健康で、エネルギーの高い組織、人材を創り出す。
ここに焦点を定めています。
私たちが提案する漢方薬型のマネジメントスタイルとは、人材一人一人が活性化して、
行動し、組織的な結果が出せるように育成する、体質改善の人材開発手法なのです。

体質改善の人材開発においては「一人一人の活躍の場=仕事の現場」でおこることを、
課題として育成していきます。
自分たちの周囲で発生している問題をしっかり自分事として意識してもらい、
それを解決するのは他人ではなく自分である、という意志をもつことから始めていきます。
しかしその意志は残念ながら様々な要因でくじけそうになってしまうものです。

そこでフェイスアップは現場で働く人の意志を応援し、現場主義の問題解決をモットーとして、
今、目の前にある問題の原因追究や解決案は何か、
そして如何に実行するかのお手伝いを研修という形で行います。